セゾンブルーアメックスカードの海外保険は旅行に行く際に役に立ちすぎるので必須

海外旅行やバックパッカーとしての旅で必須になるのが「海外旅行保険」です。海外で怪我して入院手術が必要になった場合や相手に怪我をさしてしまった場合は、保険が適用外になるため、かなり高額な費用を請求されます

 

そんな重大な怪我や事故は起こらないかもしれませんし、もちろん起こる可能性もあります。もし起こった時に自分を守ってくれるものは「保険」しかありません。

 

今回の記事では海外保険に加入しなくても、セゾンブルーアメックスカードを持っていれば付帯の海外旅行保険があるので、その保険がいかに海外旅行をする際に「役に立つ」かと言う事をご説明して行きたいと思います。

 

通常の海外保険料金はいくらかかるのか?

まずクレジットカードに付帯している海外保険を検討されている方に知ってもらいたい項目が普通の海外旅行保険はどれくらいの費用がかかるかと言うことです。

 

クレジットカードには年会費がかかるものもありますので、それを考慮して海外保険に入った方が安くなるのか?それともクレジットカードの海外保険を使用した方が安くなるのかを知っておいた方が良いです。

 

(引用)http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/plan/pack/

 

上記画像は損保ジャパン日本興亜の海外保険の保険内容と料金になります。一番保険費用を抑えるプランでも7日間で2870円かかります。

 

そのほかにもオーダーメードで保険内容を決める事ができるので、保険内容や料金はプランによって異なりますが、どのパターンでも平均するとだいたい7日間で3000円前後になり、1000円代のプランになると、治療保険と賠償責任保険だけの保証になると言った感じになります。

 

ですので海外保険を別途加入するとなると、このくらいの金額がかかると言う事を覚えておいてもらって、この記事を読んでいただければと思います。

 

クレジットカードの海外保険には自動付帯と利用付帯の2種類がある

海外旅行の保険には

  • 海外保険自動付帯のクレジットカード
  • 海外保険利用付帯のクレジットカード

の2種類があります。自動付帯の保険はその名の通り持っているだけで保険が適用されるようになっているので、特に煩わしい事もなければ難しい事もありません。

 

利用付帯の保険は海外に行く際の交通費などをクレジットカード利用して支払わないと、保険が適用にならないと言うものです。

 

例えば空港に行くまでのタクシーや、日本から出国する際の飛行機チケット代をクレジットカードで支払いすれば、その後海外に行っている間の保険が適用になります。

 

どちらの方が良いかと言われると何もしなくて良い「自動付帯のクレジットカード」の方が良い事は分かっていただけたと思います。

 

セゾンブルーアメックスカードは海外保険自動付帯のクレジットカードになりますので、持っているだけで大丈夫です。

 

セゾンブルーの公式サイトはこちら

 

セゾンブルーアメックスカードの海外保険の内容

 

セゾンブルーアメックスカードの保険金額は以上の図の通りになります。障害治療費用の内容や賠償責任がどういった場合に適用されるか、と言うのはこちらの記事に記載されていますので合わせてご確認ください。

 

海外に旅行する中で一番注意したいポイントは、手術や入院です。そしてその手術や入院の保険項目が「傷害治療費」になります。では海外で手術や入院を行うとどれほどの費用がかかるのか、具体的な例を見て行きましょう。

 

・シンガポール

クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送。
胃炎と診断され7日間入院。
家族が駆けつける。4,400,000円

(引用)

https://hoken.rakuten.co.jp/travel/how_to_choose/necessity/001.html

 

(引用)http://www.card-hoken.com/faq/how-much/

 

アメリカ、ヨーロッパは医療費が高く、アジア圏は安い傾向にあります。この内容からすると、セゾンブルーアメックスカードの保証範囲内ではアジアは大丈夫だとしても、ヨーロッパやアメリカでは少し足が出てしまう事も考えられますが、ほとんど範囲内に収まっています。

 

結論からすると「セゾンブルーアメックスカードを持っているだけで海外旅行保険はまかなえる」と言うことが言えます。

 

もし心配であれば、クレジットカードを2枚持って行く事で、その保険内容を合算する事ができますので、もう一枚のクレジットカードとセゾンブルーアメックスカードを併用する事で、さらに安心した保険内容になります。

 

実際にセゾンブルーアメックスカードと他のクレジットカードを合算するとどれくらいの保険内容になるか計算した記事がありますので、そちらも参考になればと思います。→バックパッカーは海外旅行保険付帯のクレジットカードだけで十分なのかを検証してみた

 

セゾンブルーアメックスカードを持っている事で受けられる特典

海外保険の他にもセゾンブルーアメックスカードを持っていることで受けられる特典がいくつかあります。

  • 海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
  • 手荷物無料宅配サービス

  • 海外アシスタンスデスク

  • コートお預かりサービスご優待

  • 永久不滅ポイント

手荷物無料宅配サービスや海外用Wi-Fiの特典を受けられるなど、海外旅行をする際に便利な特典が多くあります。特に使えるなと思ったサービスを詳しくご紹介していきます。

 

海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス

 

海外に行く際のレンタルWi-Fiがセゾンブルーアメックス会員価格で借りることが出来ます。

たとえば「グローバルWi-Fi」を借りる場合だと、料金が20%OFFになる上に受け渡し手数料が無料になりますので、いつも海外に行く時にWi-Fiを借りている人からすると、この特典はかなり使えます。

 

手荷物無料宅配サービス

特典内容

  • 往路(自宅⇒空港)
    スーツケース1個につき100円割引
  • 復路(空港⇒自宅)
    カード会員さまおひとりにつきスーツケース1個まで無料
    2個目以降1個につき200円割引

帰りに空港のカウンターでセゾンブルーのカードを提示すると荷物を自宅まで、宅配してくれるサービスです。長いフライトと旅の疲れが一気に来る空港から自宅の帰り道で、重たいスーツケースを持たなくて済むのは唯一の救いになります。

 

海外アシスタンスデスク

現地情報のご案内をはじめ、さまざまなご予約の代行を承ります。ホテルやレストランのご予約・ご案内や各種チケットの手配から、「パスポートをなくしてしまった」というようなお困りごとが起きた場合など、すべて日本語で承ります

(引用)http://www.saisoncard.co.jp/amex/blue/travelinfo/

 

言葉が通じない海外で予約やトラブルを対処するのはとても大変です。その対処を日本語で行ってくれる安心感は計り知れません。

 

セゾンブルーアメックスカードの年会費

セゾンブルーアメックスカードの年会費は3000円になります。しかし年に数回海外旅行に行って、毎回海外旅行保険に加入して一回の保険料金を3000円払うことを考えると、その3000円はお得であると言えます。

 

またセゾンブルーアメックスカードは年齢が25歳以下の方の年会費が無料になるので、もし26歳以下の方で海外保険の加入を考えている方であれば、かなりオススメです。クレジットカードの付帯海外保険としてはセゾンブルーアメックスカードの保証内容は間違いなく最大級に良いです。

 

セゾンブルーの公式サイトはこちら



※2017年12月11日(月)~2018年3月31までの期間限定の新規カード申し込みで

UCギフトカード1000円分+カード利用に応じてUCギフトカード3000円の合計4000円がもらえるキャンペーンを実施しています。

まとめ

セゾンブルーアメックスカード海外旅行保険のポイント
・クレジットカードの付帯保険としては内容がかなり充実している

・25歳以下は年会費が無料

・通常の年会費は3000円なので海外旅行に行く人には価値がある

 

通常のクレジットカードの付帯保険は傷害保証が100万円と言うものが多いのですが、セゾンブルーの場合は300万円と、驚異的な保証金額です。また自動付帯なので、海外旅行の度に保険に加入する手間も省けるため、そこも嬉しいポイントです。

 

セゾンブルーについてもっと詳しく見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東南アジア(タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア)の治安と簡単な防犯対策...

バックパッカーとして旅をしながら収入を得られる職業と具体的な方法7選

海外で現金を引き出せるオススメのカードはVISAデビットカード?引き出し方を画像...

バックパッカーにオススメの機内持ち込み可能なバックパック6個とその基準

1ヶ月東南アジアを旅したバックパッカーの持ち物と改善点

1ヶ月東南アジアを旅して分かった海外旅行出発前にインストール必須なアプリ8選