東南アジア1ヶ月のバックパッカー旅でかかった全ての費用は20万円その内訳は?

今回の旅で行った国

 

今回の旅で行った国はタイ→マレーシア→シンガポール→インドネシアの4カ国でルートにするとこの通りになります。

 

詳細

タイバンコクに到着後バンコクに5日滞在

↓ 移動 長距離バス

プーケットに2日滞在

↓ 移動 飛行機

マレーシアクアラルンプールに合計5日滞在

↓ 移動 バス

マレーシアマラッカに2日滞在

↓ 移動 飛行機

シンガポールに6日滞在

↓ 移動 飛行機

インドネシアジャカルタに合計4日滞在

↓ 移動 電車

インドネシアバンドンに3日滞在

帰国

と言う流れです。では各国でかかった交通費、宿泊費、食費などがどれほどのかかったのか計算して見やすくまとめました。

 

飛行機代

 

日本(大阪)→タイバンコク     ¥21220

プーケット→クアラルンプール     ¥3387

クアラルンプール→シンガポール ¥3683

シンガポール→ジャカルタ    ¥8638

ジャカルタ→日本(大阪)                   ¥31227

 

日本からタイに行く時はH.I.Sで予約して、その他はスカイスキャナーとエクスペディアを利用しました。基本的にプランがないので飛行機の予約はいつしてもいいような状態です。

 

そうするといつ出発した方がお得かと言うのも表示されるので、プランがない場合は安い日にチケットを買って旅をすると言うことも出来るので、スカイスキャナーとエクスペディアがオススメです。

飛行機代合計
¥68,155

 

その他移動費

バス

バンコク→プーケット ¥2700

マレーシア→マラッカ ¥330×2=¥660

ジャカルタ→バンドン ¥745×2=¥1490

 

タクシー

インドネシア合計 ¥11189

ウーバー利用合計 ¥3469

 

移動費に関しては長距離の移動分しかカウントされていません。バスや電車も利用していましたが正確な料金がなかったのでカウントしていません。

その他移動費合計
¥19508

 

宿泊費合計

タイ6泊合計     ¥8692

マレーシア8泊合計  ¥11190

シンガポール5泊合計 ¥9942

インドネシア6泊合計 ¥9742

 

宿泊費合計
¥39566

 

各国の食費と観光費、物価の違い

 

今回行った4カ国を総合的に見るとそこまで物価は高くありません。

※ただシンガポールは高いです。

 

どこの国もそうで贅沢しようと思うと限りなく贅沢が可能ですが、ご飯は基本的に屋台で食べたり普通のショッピングモールで食べたりとそこまで費用はかかっていません。各国の旅の記録がありますのでそちらも確認してみてください。

 

宿や飛行機などはデータが残っていたので計算できましたが、食費に関しては残っていなくて細かく計算することができませんでした。

 

タイであれば1食300円とかで食べれますし、マレーシア、インドネシアも大体そんな感じです。シンガポールは高いところは高いですが、ローカルの食べ物屋さんで食べると500円とかで食べれます。

 

1ヶ月の東南アジアバックパッカー旅でかかった費用

「移動費」「宿泊費」「観光費」「食費」などこれら全て合わせてトータルで使った金額は…

1ヶ月間の東南アジア旅合計
20万円

 

移動費(飛行機代含む)+宿泊費=約13万円

観光費+食費+雑費=約8万円

 

この金額にはカジノで負けた金額やユニバーサルスタジオシンガポールの入場料も入っています。よく考えると動物園とか寺院とかほとんど500円以下で入場できたりとにかく安く、

 

お酒もあまり飲んでいないので食費はかなり少ないような感じがします。観光に関してもタイ、マレーシア、シンガポールではタクシーも使ってないような感じだったのでかなり抑えて調子良かったのですが、インドネシアでのタクシー料金と観光ガイド料が結構大きかったように

 

野宿などはせずに普通に宿に泊まって普通に3食食べて普通に観光しているのでもうちょっと削減しようと思えばできるところはあると思いますが大体これくらいの金額で行けると言うのが参考になればと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バックパッカーにオススメの機内持ち込み可能なバックパック6個とその基準

1ヶ月東南アジアを旅したバックパッカーの持ち物と改善点

バックパッカーの宿探しは飛び込み宿泊?それともネット予約が良いの?

バックパッカーがゲストハウスやドミトリーで宿泊する際のコツと注意点

バックパッカーは海外旅行保険付帯のクレジットカードだけで十分なのかを検証してみた

セゾンブルーアメックスカードの海外保険は旅行に行く際に役に立ちすぎるので必須