1ヶ月間N-BOXで車中泊生活して気が付いた10個のコト

1ヶ月以上N-BOXで車中泊をしながら旅そして生活をしていました。ルートはこの通りです。これだけの距離と期間を車中泊して気が付いたコトを紹介したいと思います。

走行距離:5000km
期間:約1ヶ月と数日

季節によるところが大きい

3~4月は暖かいところは暖かいし寒いところは寒い。なんなら雪が降っているところもあります。車は鉄板のようなものなので、日差しが当たると車内の温度は凄まじい上昇をするため、これが夏であればかなりのダメージを追っていたかもしれません。屋外に駐車していて車に戻ると中が「ムワーン」としたあの感じの中にずっといるようなものです。

じゃあエンジンを付けっ放しにして、クーラーをつければ良いのではないか?と思うかもしれませんが、道の駅などではアイドリングを禁止しているところも多く、仮に禁止じゃなかったとしても、モラルとマナーの問題でみんなエンジンを切っています。

人が寝てるのに隣の家から爆音でダンスミュージックが流れていたら、ちょっと怒りますよね?そんな感じなのではないかと思います。

3~4月でも朝になると暑くて目が覚める事が何度かあったので、夏場は対策が必要となります。

例えばこんな感じのミニ扇風機をポータブル電源に繋いで、窓を少し開けたところに設置しておけば、少しはマシではないかと思います。

逆に今回の旅では、山奥は気温がマイナスである事も多かったのですが、寒さは服を着るのと寝袋(シェラフ)で以外と耐えられます。

寝心地はベット未満ベンチ以上

元は移動する事を目的とした車なので、寝る事を目的としているベットに寝心地の面では勝てません。だからと言ってそこまで寝心地が最悪か?と聞かれるとそうでもないので、ベット未満ベンチ以上ぐらいです。

これは車種によっても変わってくるので、なんとも言えませんがN-BOXに関してはそのぐらいでした。

普通に朝まで眠る事が出来ますし、トイレも寝る前に済ましておけば大体は大丈夫でしょう。朝起きてからトイレまで歩くのがかなり面倒です。

しかしこれが1ヶ月を超えるとなると話が少し変わります。途中で取りきれない体の疲れ、疲労感が襲ってくる日があるのです。そう言う場合は無理せずホテルを予約します。 僕たちの場合は大体1週間に1回ほど、旅で合計して4回ホテルに宿泊する事がありました。

そしてカメラの充電や、ポータブル電源の充電もしなくてはならないので、もし疲労がなかったとしても、一週間に1回は宿泊が必要だったのではないかと思います。

ただ1ヶ月終わったあとにエアマットを持って、車中泊をしに行ったのですが、エアマットを敷くだけで寝心地は驚くほどに変化します。騙されたと思って皆さんに一度試して欲しいぐらいです。

▼関連記事▼
N-BOXで車中泊するのにエアマットを搭載したらメッチャ快適になった

お風呂は毎日温泉or銭湯

お風呂は当然ながらこうするしかありません。これ田舎の方だと山や川、海が見える綺麗な露天風呂があって最高です。毎日こんな温泉に入れるなんてなんて幸せなんだと思います。温泉も1つの観光スポット、エンターテイメントみたいなものです。

しかし毎日温泉となると、1日1人大体500円は使う事となります。300円〜700円とばらつきはありましたが平均するとそのぐらいです。単純計算で500円×30日=1人/15,000円は消費する事となりますので、食費、ガソリン費に次ぐ固定費となります。

着替えはコインランドリー

下着や衣類は使用すれば洗わないといけないので、コインランドリーを利用します。市街地にはコインランドリーはたくさんあるのですが、山奥にはコインランドリーが無かったりします。購入しようにも店がないので、同じパンツを2回履くような日もありました。

コインランドリーは大体1回1000円〜1400円ほどで2人分洗濯する事が出来て、週に1~2回のペースで洗濯していました。

道の駅は意外と多い

今まで道の駅をあまり利用した事がなく、わざわざ探して行くような事もなかったので、気がつきませんでしたが、道の駅は意外と多いです。大体どこにでもあります。

大体どこにでも道の駅がある事が分かると人はより設備の整った道の駅を探す愚かな生き物です。「Wi-Fi」があったり、「レストラン」があったり、と設備を選り好みしだすとドツボにハマり、夜中にかなり運転するはめになりますので注意してください。僕がそうでした。

しかし、東京に行った時だけは道の駅が1つしか無かったので、東京の車中泊スポットを探すのは大変です。

道の駅を探す時は、「道の駅めぐり」のアプリを利用すると便利なので、これから車中泊の旅をする方は是非インストールしてから行ってください!

マクドナルドをこんなに多様したのは初めてだった

僕は動画の編集やアップロード、ブログの更新などがあったので、どうしてもWi-Fiが必要でした。田舎に行くとWi-Fiスポットはイノシシの数より少なく、貴重です

当然Wi-Fiが完備されたカフェやワーキングスペースなどが存在する訳もなく、どうすれば良いのかを考えた時に、田舎にもあるWi-Fiが完備された場所は「マクドナルド」と言うのを途中で気がつきました。

kazumario

kazumario
マクド神

充電出来るスペースもあったりして、結果人生で一番マクドナルドを利用した1ヶ月間となりました。

飲食店を探すのも結構大変

とにかく場所によっては、閉まるのが早い。夜の7時とか8時とかに閉まる事もザラにあるので、ここの時間帯を逃すと田舎の飲食店を探すのはほぼ不可能と言っても過言ではありません。

なのでご当地のものや、名物料理など食べたいものがある場合は先延ばしにせず、とりあえず食べましょう。

毎日名物料理を探すのは大変なので、スーパー銭湯で食事をする事も多かったです。ご飯を食べてそのままお風呂に入れるので1施設で、2つの事が出来るスーパー銭湯を活用しない手はありません。

行き先は適当に設定しても問題ない

「この県に行くならこれを見ないと」とか「ここに行かないと」と言う固定概念が僕にもありましたが、始まって4日ぐらいした時にふと

kazumario

kazumario
なんだか観光スポットに振り回されている気がする

と思いそれから観光スポットを調べなくなりました。「計画性」と言うものが欠落しているため、計画する事がすごく苦手なんです。スケジュールも埋めたくないし、旅の用意も当日の朝にするような感じなので、当然こうなります。

でも計画しなかったらしなかったで、偶然見つけた看板に従ってみたり、ご飯屋さんでたまたま相席する事になったおじさんに行った方が良いところを教えてもらったりと、自分の考えれる範囲を超えた選択が出来るので、それはそれで楽しかったです。

そしてわざわざ探さなくても、大体のスポットには行ける事が分かりました。これが何故だか分かりませんが、結果的には行けてました。

kazumario

kazumario
全ての道はローマに続く

何もしない日を否定しない

1ヶ月もあると、どこの観光スポットにも行かないみたいな日もあり、それがすごく駄目な事のように感じてしまいがちですが、生きていれば「そう言う日もある」と自分で自分を納得させましょう。

1日は早いが1ヶ月が長く感じる

毎日違う景色を見ていて、毎日が新しい事なので、1日は早いですが1ヶ月が長く感じます

普通逆じゃないの?と思うかもしれませんが、毎日同じ事をしていると知らぬ間に「あ〜もう今月も終わりか」となった経験はありませんか?

それは毎日同じルーティーンを送っているから早く感じてしまい、大人になってから歳をとるのが早くなったと言うのはそう言う事です。

まとめ

2人で行っている訳なのでもちろん喧嘩したり、食べたいものが食い違ったりと言う事もありますが、まとめると凄く楽しかったです

また車中泊は季節によるところが大きいので、その季節に合ったグッズや装備を持って行くとより楽しめると思います。

kazumario

kazumario
何か質問がある場合はコメントに書き込んでください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軽自動車からミニバンまで!車中泊に使用したい快適なエアマットまとめ

N-BOXで車中泊するのにエアマットを搭載したらメッチャ快適になった

車中泊の魅力4つ!これを見ても車中泊をしないつもりですか?

1ヶ月N-BOXで車中泊して日本を周った僕が持って行った方が良いと思うグッズまと...