長野県「地獄谷野猿公苑」で猿を見て白馬村へ向かう

「N-BOXで日本一周企画」
大阪→愛知→岐阜→静岡→山形→神奈川→東京→茨城→栃木→福島→宮城→岩手→青森→秋田→山形→新潟→群馬→長野←長野に行った際の記事になります。

この記事は前回の記事新潟〜群馬「草津温泉」で無料で入れる外湯を満喫するの続きとなっていますので、もし読んでいない方は先に上記の記事を読んでいただければと思います。

「地獄谷野猿公苑」で温泉に入る猿を見る


(引用)http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/

こんなポスターや写真を見た事はありませんか?この温泉に入る猿を見る事が出来る場所こそがこの「地獄谷野猿公苑」なので、園内にはいたるところにニホンザルがいます。

なんとこのニホンザルは「Snow monkey」と言われていて、寒い地方に生息する珍しい猿みたいです。そのため外国人がかなり多く、僕が行った日は偽りなしで園内の90%が外国人でした。


↑「おい勝手に撮んなって言ってんだろ」


↑「グーパンチお見舞いしてやろうか?」


↑「競泳500m惑星ベジータ代表」


↑このスタイルのラーメンは初

「地獄谷野猿公苑」からすぐ近くに「猿座カフェ」と言うおしゃれなカフェでお昼ご飯を食べたのですが、ラーメンですら木のおしゃれなやつに乗って登場したので、驚きです。鶏白湯の美味しいラーメンでした。

なんとなく白馬村へ


↑ This is アルプス

山にヤギ、これがアルプスと言わずしてどれをアルプスと呼べるのだろうかと言うぐらい「アルプス」っぽい要素が詰まった場所。ちなみにこれは白馬村ではない。

特に白馬村に目的があった訳ではないのですが、聞いた事があると言う理由だけで「白馬村」へ行って見る事に。行ってから白馬村が長野オリンピックの会場であった事を知りました。

白馬村の駅で足湯に入って、その周辺の店に入り白馬村の観光スポットを「おやき」を販売しているおばあちゃんに聞いてみたのですが、「スキー場はあるけどその他は…」と言っていたので、素直に白馬村からは身を引く事としました。


↑足湯


↑おやき

次は富山県を目指します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富山県「きっときと市場」でホタテを購入して浜焼きにしてみた

キャンプ初心者の僕がテントを購入する際に気をつけたポイント

静岡の名物「餃子」「しらす」「おでん」を堪能する

新潟〜群馬「草津温泉」で無料で入れる外湯を満喫する

東京~茨城県下妻の道の駅でハマグリなどの食材を購入してキャンプ飯

富山県の「相倉合掌造り」と岐阜県の「白川郷」どちら共に行って比較してみた