GoPro(ゴープロ)マウント3wayの使い方と実際に使用した感想【画像15枚】

ゴープロ純正のアクセサリ「3-way」

 

 

3wayとはこのグニャグニャ曲がるゴープロのマウントの事なのですが、これを実際に使って見たので3wayの素晴らしさと3wayを使用するのとしないのではどう変わるかを検証してみました。

 

3wayの説明

 

 

上の画像は一番コンパクトに畳んだ状態の3wayになります。この状態で使用すると普通のグリップとして使用ができ、グリップを購入するのとほぼ同じ状態になります。

 

アームを折りたたんでいるので「ゴツゴツ」するのかと思いきや全然そんなことはなく、全然握りやすいです。

 

※僕は割と手が大きいです

 

3wayは様々な形にすることができます

 

上の形以外にも

こんな形や

 

 

まるでダイナソーの首を連想させるような形まで自由自在です。

 

 

調節ネジは上記画像の2箇所+GoPro本体を固定するネジの3箇所です。

 

 

まっすぐ伸ばすと結構な長さを誇っています。

 

 

 

よく分かりませんがこんな形にもできます。

 

 

ちなみにこの青いボタン何だか分かりますか?これ一応ロックになっていてここを押しながらじゃないと完全にたたむことが出来ないようになっています。

 

最初はなんでこんな機能が付いているのか不思議で仕方ありませんでしたが、最近になってようやくこのボタンの意味が分かりました。

 

ここにロックがないとカメラの重さで「ぷらーん」となり手が挟まってしまうからロックがあるんですね。

 

この機能がなければ今頃僕の指は包帯に巻かれていました…

 

 

ちなみに僕はこの形が気に入っていますが、この形に特に意味はありません。

 

 

3wayは一脚にもなります

 

 

ピンクの部分を左に回すと

 

 

プチ三脚がでてきます

 

 

それを逆さまにしてはめると…

 

 

なんと一脚にもなるのです

 

3wayを使用した場合とそうでない場合

 

3wayを使用した撮影と、GoPro本体を手で持って撮影した写真を用意しましたので見てみてください。

 

 

 

やはり3way使用の方がより高い位置にあるのでワイドに撮影することが可能です。

 

3wayを実際に使用してみて

 

普通のグリップとは違ったアングルからの撮影ができることがなんと言っても3wayのいいところです。角度の調節もネジが強力なのか勝手に下がってきたりとかはしないので安心して使用できます。

 

GoProを使用する上ではやはり3wayは欠かせません!

 

 

 

正規品でなければ2980円で購入が可能です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GoProHERO5は思っているより3倍画質が綺麗だった

GoProをレンタルする時のポイントとオススメのレンタルサイト3選

GoProアプリ「formerly Capture」で出来る全ての事と各設定方法...

GoProのモバイルチャージャーか予備バッテリーは旅をする上で必須な理由