バックパッカーがシンガポールで1日に使った費用は?【20日目ブギスストリートへ】

20日目の日程

 

この日は先日まで宿泊していたホテルをチェックアウトして新たなホテルにチェクインしました。洗濯物が溜まっていたので宿で洗濯をしてから、「ブギスストリート」に行ってきました。

 

昼食

シンガポール式の白いバクテーを食べましたが、胡椒が効きすぎていてとてもスープが飲めるような感じではなかったです。個人的にはマレーシアで食べた黒いバクテーのほうが好きです。

 

7ドル

 

ブギスストリート

 

 

ブギスストリートは日本で言うとことの商店街みたいな感じです。写真をみて分かる通りTシャツや小物もココの相場は3個で10ドルとシンガポールでは破格の価格設定です。

 

アイスクリームサンド

中華あんかけの餅みたいなの2つで7ドル

 

夜ご飯

 

夜11時くらいにチャイナタウンでジャージャー麺を食べる。この時間帯に食べる麺類は総じてクソうまい11ドル

 

ホテル

 

この日から2日間Beary Best!と言う宿に宿泊したのだけど、ここの宿がかなり人気ですごく人が多い。

 

観光地 を回るならこれ以上ない場所にありしかも1500円とシンガポールの中ではかなり安い。多くの外国人バックパッカーが宿泊していて、共用ルームもいつも人がいっぱいなので少し使いづらいのが難点。

 

その他

水2本

スプライト

バス

 

7ドル

 

合計

 

全て日本円に換算すると4596円でした。

 

旅をしながら仕事をする方法


日本一周をしている最中に「なんで日本一周出来るんですか?」「お金はどうしてるんですか?」「仕事あったら無理じゃないですか?」と言う質問をたくさんいただきましたので、旅をしながら仕事をする方法をお教えします。

詳しくはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バックパッカーがシンガポールで1日に使った費用は?【18日目USSハロウィンに....

シンガポールの実際に行ったオススメ観光スポット6個とアクセスや料金

バックパッカーがシンガポールで1日に使った費用は?【21日目USSに今度こそ行く...

煌びやかなシンガポールのローカルで見た裏カジノの場【画像あり】

シンガポールのカジノに行ってきました!服装とカジノに行く前に知っておきたいこと

バックパッカーがシンガポールで1日に使った費用は?【16日目シンガポール入国】