結果がでれば仕事、結果が出なければ笑われる

物事はいつだって至ってシンプル。結果がでれば仕事になるし、結果が出なければ「なにやってんの?」って笑われます。

そして僕自身youtubeでの動画配信も、ブログを書くのも、顔と名前を出してやっているので、笑われることは重々承知してやっています。

頑張りは数値化できないし他の人から見えない

どれだけ本を読んでも、どれだけ勉強しても、どれだけ「頑張った」って言っても、それは自分しか分かりません。毎日ブログ書いても、毎日動画をアップしても、収益が200円とかだったら「なにやってんの?」って言われても仕方ない。結果が出てないってこう言うことなんです。

なので結局分かりやすい形で結果が出ていなければ、頑張っていないのも同然だと思っています。これは自分自身のことも含めてです。

「見てもらうこと」が前提

どれだけ良いコンテンツであっても、見てくれる人がいなければ成り立ちません。工夫できるポイントがあるのに、「自分のペースで…」「自分らしく….」は一種の逃げであり、良い方向にもっていくことを放棄した行為です。

なので僕は何かを始める時は、とりあえずその分野で結果が出ている人の真似をします。内容を真似たりするのではなくて、要素を真似る。

ブログで言うとなぜPVが上がっていないのか?「どうしたら上がるのか」を考えることをやめるとこうなります。「アクセスに囚われすぎていて…」みたいな方もいますが、アクセスをあげることより大事なことがありますか?

アクセスを上げなければ本来あなたが発信したいはずの内容も、日の目を浴びないままネット上のチリになってしまいます。何を発信したいか、元々どう言ったことを伝えたくて、ブログを始めたのかと言うのも大事ですが、より多くの人に届けることを放棄してはなりません。収益を出したいのなら尚更です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰でも習得出来てすぐに使える!セールスライティングのテンプレート

Amazonプライム月額325円で出来る事が多すぎて加入は避けられない

平日が休みの人必見!レジャーから旅行まで格安だけど充実なプラン

「検索」が出来るとお金は稼げる!「検索」をお金に変える方法

BASE(ベイス)を使って超クリエイティブなTシャツを作成してみた。

楽天ポイントで投資信託を購入すれば無料で投資できるのではないか?