高卒でも図と文章で分かる仮想通貨(ビットコイン)の仕組み

仮想通貨を難しく考えない

どうもkazumario(@kazumario)です。

 

仮想通貨ってなんだろう?なんか難しそうだからと敬遠している方も多いと思います。口を開けばやれ「ICO」だ「ファンテック」だ「BTC」だと横文字ばかりを並べるサイトにうんざりしたあなたに、難しく考えない「高卒でも分かる仮想通貨の仕組み」と題して仮想通貨をご説明したいと思います。

 

鼻水を垂らしながらでも理解できる仮想通貨とお金の違い

「ここで実際に存在するか?どうか」と答えるのはナンセンスです。

 

例えばこの3択でどれか1つ無条件でくれる都合の良いおじさんがいるとしましょう。

どれも詐欺ではない前提で行くと、ほとんどの人が600万円入った通帳(自分の口座として使用できる)を選ぶことでしょう。

 

さて通帳はお金ですか?

 

厳密に言うと通帳と名のついた紙に数字が印字されているだけです。さらに三菱東京UFJ銀行の通帳なので、通帳をもらった瞬間に「エクアドル」に飛ばされたらエクアドルではただのノートと化します。

 

上の画像は左から「実態があり価値のあるもの」「実態はあるが価値がないもの(ゴミ)」「実態はないが価値のあるもの」が並んでいて実態がないものでも、一定人数の間でお金だと言うことを認識していればそれは価値のあるものになります。

 

仮想通貨は個人つまり、みんなの信用で価値がついています

 

仮想通貨も通帳も実物がないのなら同じでは?

 

確かにどちらもデータです。ですが通帳のデータは銀行を介することで日本であれば円に変えることができます。ビットコインは銀行を介しても何をしてもビットコインとしての実物は無いのでデータのままです。

 

 

 

いきなり銀行側の人が「通帳やーめた」「て言うか銀行やーめた」って言い出したらそれで終わりなわけです。まだ隠れている人がいるにも関わらず勝手に数人でかくれんぼを終了されるあの感じです。

 

通貨の価値は国の強さにあり

 

通貨は国が信頼できる国であるほど価値が高くなります。「ドル」「円」「ユーロ」などがその代表的な例で、以上の通貨は日本国民でもどこの国の通貨か大体分かる通貨です。

 

ジンバブエと言う国で発行されていた「ジンバブエ・ドル」と言う通貨がありましたが2015年で国の通貨が廃止されました。このように国の通貨は国の影響をモロに受けてしまい、廃止すると価値がなくなります。

 

仮想通貨の仕組みを極限まで簡単した説明

ここから仮想通貨の説明です

仮想通貨は誰が発行しているのか?

仮想通貨は国が発行している訳ではありません。ましてや銀行も関係ないので「銀行やーめた」をしても、「我が国の通貨を廃止します」宣言をしても、仮想通貨の価値には関係がありません。

仮想通貨はコンピューターが発行しています

極限まで分かりやすく言うとこうです。※仮想通貨の発行数には上限があります

 

そして発行された仮想通貨はどこに行って、誰と誰が取引しているか、どこに送金されているかをみんなのコンピューターで管理します。

 

※ターミネーターをコンピューターとする

 

上記画像のように取引記録が全て保存されていて、それを一台のコンピューターでなく世界中のターミネーターを使用することにより膨大な量の取引を可能にしています。

 

そのターミネーター同士を繋いでいることから後に「ブロックチェーン」と呼ばれるようになる事は言うまでもありません。

 

ただターミネーターを貸し出すだけでは、貸す側に何の利益もないのでなんとターミネーターを貸し出した側には仮想通貨が入って来ます

 

一台のターミネーターが壊された(改ざん)としても他のターミネーター同士は繋がっているので、壊れません。さらに改ざんされても友達のターミネーターの方にデータが残っているので一定数であれば正しいデータに直してくれます。

 

先ほど紹介した「銀行やーめた」は仮想通貨には通用しません。これをしようと思うと全世界各国一斉にインターネットを遮断、排除しなくてはならないからです。

 

仮想通貨を購入してマイナスになることはあるの?

仮想通貨を普通に購入するだけであれば預け入れた金額よりマイナスになる事はありません。

2万円入れたら最も最悪なケースで2万円なくなるだけで、それ以上のマイナスはありません。

 

この最悪のケースとは仮想通貨の価値が0になることです。

 

基本的な例で言うと1BTCが200万円で購入したとして、その後1BTCが50万円になったら150万円のマイナスですが、1BTCが50万円になっただけなので元金である200万円以上のマイナスをこうむることはありません。

 

はじめに どうもkazumario(@kazumario)です。 ビットコインをはじめとする仮想通貨が物凄いことになっていますね...

1万円で実際に仮想通貨を購入した記事も書いていますのでご一緒にどうぞ。

 

まとめ

今は簡単に仮想通貨が購入できる取引所があるので、そちらを使用する事で簡単に色々な仮想通貨が購入できます。この記事で仮想通貨の事が大体分かったら実際に購入してみましょう。

coincheckで仮想通貨を始めてみる

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
旅をしながら仕事をする方法


日本一周をしている最中に「なんで日本一周出来るんですか?」「お金はどうしてるんですか?」「仕事あったら無理じゃないですか?」と言う質問をたくさんいただきましたので、旅をしながら仕事をする方法をお教えします。

詳しくはコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨を購入して1ヶ月持っていると2万円が5万円になっていた

BINANCE(バイナンス)を日本語で登録する方法と入金の仕方

BINANCE(バイナンス)で取引できる草コインって一体どんな仮想通貨?

仮想通貨取引はBINANCE(バイナンス)がオススメ!登録から取引まで使い方完全...

BINANCE(バイナンス)で取引をするための入金方法を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)をスマホで使用するためのアプリの使い方ガイド