会社を辞めてバックパッカーになったその後。仕事や収入の話

どうも会社を勢いで辞めて、バックパッカーになったkazumario(@kazumario1214)です。

僕は特別特徴がある人ではありません。成績はあまり良くなかったですが普通に学校にも通っていましたし、会社に勤めていた期間もありました。会社でも特にヒステリックな言動を起こす様なことはなく、自分で言うのもあれですが仕事は真面目にこなしていました。

そんな僕がある日会社を辞めてバックパッカーになりました。バックパッカーとはバックパックで旅をする人の事を言います。

会社を辞めてバックパッカーになった経緯

真面目に働いてはいましたが何だか仕事に対してモチベーションが保てなくなっていました。「いつか辞めたい」そう考えながら仕事をしていたのは間違いなく、結果的にそれが早くなったか遅くなるかの違いなので、僕が勤めていた会社を辞めたことに関して今はなんの後悔もありません。(当時は少し後悔していた)

勢いが大事です。バックパッカーになると決めてから翌日に会社に辞めることを伝えました。この時は会社以外からの収入があった訳でもないですが、この時は海外にいってそれをコンテンツにすればなんとかなると考えていました。なのでここで一旦収入は途絶えます。

はじめに どうもまだバーツの感覚がつかめないkazumarioです。 バックパッカー1日目でかかった費用は一体いくらだっ...
はじめに どうもバンコクの中心部はかなり都会だと言うことに驚いたkazumarioです。 2日目は1日目よりもお金を使用...
23日目の日程 23日目この日はジャカルタに来て初めての朝を迎えジャカルタを観光しようと考えていました。しかしジャカルタと言う街は交通...

このような感じで1ヶ月間の旅をブログに残し後はTwitter、youtubeやインスタグラムでも旅の様子を配信していました。旅自体はとても楽しくこれまで国外に出た事のなかった僕からすればとても刺激的なものになり、1人だったので初日なんかは暑さや臭いの違いなどから完全にダウンしてしまったことも良い思い出です。

これまで家と職場を往復するだけの僕の日々が一瞬にして変わり、1つの国に到着したと思ったら7日後には違う国にいたり、旅は僕の世界観や人生を変えたと言うと少し大げさかもしれませんが、間違いなく

僕の人生の「視野」を広げてくれました

旅よありがとう

僕は立派に育っていますよ

さて問題はここからです。旅を終えた後はどうするのか?当初のプランではこの旅で20万円の収入を得る予定だったのだが、帰国した時には1円にもなっていなかった…

会社を辞めてバックパッカーの旅を終えた後

勢いは大事!しかし勢いだけではなんともならない事もある

会社を辞めるのに勢いは大事だ。それは間違いない。僕は全てを勢いに任せた訳ではなく半分勢い半分は考えた結果会社を辞めた。だから帰国してからも結果的になんとかなった。

走り幅飛びで助走がないと遠くまで走れないのと同じで、ある程度の勢いは大事。しかしこの助走の際にジェットパックを担いで100パーセントを越す勢いをつけると身が千切れる。

ただ勢いで会社を辞めても死ぬわけではなく、「無職」になると言うだけ。世間体やプライド的なものがズタズタになるかもしれません。しかしそこからがスタートです。

会社を辞めて旅を終えてからの収入

旅を終えてから収入が途絶えた僕はすごく焦りました。会社員で固定給に慣れてしまっていた僕は来月に自分の口座にお金が振り込まれない事に、かなりの不安と焦りが芽生えます。この時初めて、旅をした事そして会社を辞めた事を本気で後悔しました。

会社を辞めてから旅の収益化に軽く失敗した僕は、落ち込んでいても前進しないので、とにかく今自分のできることをなるべく収益化できるようにしました。旅で得たものは旅で得たものとして、一旦置いておきましょう。

クラウドソーシング

まずはじめにクラウドソーシングを利用してライティングの仕事を受注しました。ライティングとは文章を書く仕事なのですが、文章はブログを運営していたので、比較的スムーズに書けます。

1記事あたりや1文字あたりで計算される事が多く、初月にとにかく仕事を受注しまくっていました。自分が書ける時間は限られていますが、大体これで10万円以上は収入を得る事が出来ました。

▼関連記事▼
ランサーズを使ってライターの仕事で僕が月10万円以上稼いだ具体的な方法

サイト制作

ワードプレスのサイト制作をスキルシェアのプラットフォーム(ココナラ 、BASEなど)で販売し始めました。サイトの制作は企業に頼むとかなりの金額がかかるので、このサービスは20件以上仕事を受注する事が出来ました。


↑BASEで実際に販売しているものhttps://kazumario.base.shop/items/11590018

ブログの広告収入

あとはブログの収入と合わせてなんとか2ヶ月目に月収で20万円以上を達成出来ました。簡潔にしか説明していませんが、もっと涙が溢れるようなストーリーもあります。笑

旅を終えてからこんな風に一見サービスになりそうにないことも、誰かの役に立つと言うことが分かりましたした。しばらくこのようなことで収益を得ていました。

バックパッカーを終えて現在の活動(2018/6/23追記)

僕はある時気がつきました。上記のような活動を一生続けても「僕は一向に楽にならない事に…」確かに作業した分だけお金が入って来ますが、それは一生作業をする事を前提とした話です。ライティングの仕事なんかは良い例で、仕事をした後はお金しか残りません。

自分のコンテンツをストックにして行く方向で、活動をして行く事を決意し、それまで受けていた仕事を一旦辞めて、もう一度旅に出かけました。それが「N-BOXで車中泊とキャンプをしながら彼女と日本一周する事にしましたです。

散々苦労して手に入れた仕事を一回投げ打ってでも、この旅をする事にしたのは、ここに可能性があると思ったからです。確かにそのまま受注した仕事をしていれば収入は継続的に入ってくるかもしれませんが、僕がしたかったのはそう言う事ではありません。

N-BOXで日本を一周しながら、今まで苦手意識すらあったyoutubeでの動画投稿も本格的に初めて、もちろんブログも書いて行きました。


開始する前はチャンネル登録者数200人だったのが3ヶ月でもう少しで5000人まで届きそうで10万回再生の動画もちらほら生まれて来ている現状です。チャンネルはコチラ

旅をしながらストックになって行くブログがあってやっぱり良かったなと言う事でした。そこで沢山質問をいただいた「どうやって旅をしているんですか?」「仕事あったら無理じゃないですか?」と言う疑問を解決するサービス「旅をしながら仕事をする方法」を開始しました。

簡単に言うと今までやってた「サイト制作+収益を出すためのアドバイス」をセットにした方法です。

まとめ

新しい発見や経験、その国の文化に触れる事は自分の次の可能性に繋げる事もできる

と言うのが結論で、旅をしただけでは何も変わりません。「世界を一周した」「バックパッカーをしていた」と言うのはもう多くの人がしていて、それをしただけではもう特別な事ではなくなっているのが現状です。

問題はその旅をどう自分に繋げていくのか?例えばSNSやブログがあればそれで発信して行く事によって、今あなたがこの記事を読んでいるように、ブログやwebサイトがあれば多くの人に届ける事が可能となります。もはや僕は旅をするのにサイトは必須だと思ってます。

もしあなたがこれから旅を始める、何か新しい事を始めるのであればサイトを作成してから自分だけの旅にしてみませんか?→旅をしながら仕事をする方法

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バックパッカーがゲストハウスやドミトリーで宿泊する際のコツと注意点

セゾンブルーアメックスカードの海外保険は旅行に行く際に役に立ちすぎるので必須

バックパッカーは海外旅行保険付帯のクレジットカードだけで十分なのかを検証してみた

東南アジア1ヶ月のバックパッカー旅でかかった全ての費用は20万円その内訳は?

バックパッカーをするのに「グレゴリースタウト30」を選んだ5個の理由

バックパッカーの宿探しは飛び込み宿泊?それともネット予約が良いの?