バックパッカーがタイで1日に使った費用は?【6日目プーケットパトンビーチ】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

6日目の日程

5日目の夜からバンコク→プーケット移動の夜行バスに乗り朝9時くらいにプーケットバスターミナルに到着しました。ひとえにプーケットと行っても言っても結構広くバスターミナルから宿を取っていたパトンビーチ周辺までは20km弱ぐらいありました。

僕はてっきりプーケットと言う場所は一つで皆んなが行くプーケットも一つだと思い、完全にプーケットをなめていたのです。

バスターミナルからパトンビーチに移動

バスターミナルに到着したはいいもののそこからパトンビーチ周辺への行き方が分からない。当然歩いて行ける距離ではなく、必殺のgoogleマップを使用してもダメだったので着いた瞬間から少しブルーになった。

そんな時に半ば強引にバイクタクシーのキャッチに捕まり「タクシーで行くからいい」と3回ほど断ったがバイクに方が安いとゴリ推ししてきたのでバイクタクシーを使うことになった。

バイクタクシーとはバイクの後ろに乗るタイプのタクシーである

タイは本当にバイクが多い車より圧倒的にバイクが多い。そしてタイの交通マナーはむちゃくちゃなのでフロントガラスにひびが入ったままのバスや凹んだままの車、ぶつかったであろうボロボロのバイク。そんなのをバンコクで嫌と言うほど見たので正直バイクは気が進まない。

結果やっぱ怖い

後から調べたところプーケットの交通事故の死亡率はかなり高いらしい。その理由にプーケットでは免許書なしでもパスポートを預けるとバイクを貸してくれるところがたくさんあり大体1日200バーツで貸りられる。

プーケット内の移動は間隔が広いのでこのバイクはかなり便利で外国から来た人はこぞって借りていくのだ。

バイクタクシーの料金

300バーツ

もはやこれが安いのか高いのかが分からない

朝食

今まで大体のホテルが早めに行ってもチェックインさしてくれたのだが今回は違った。チェックインは2時からだと言われ仕方なく近くのスタバで朝食をとることに

190バーツ

昼食

朝食をとったくらいでは2時にならずその近くで昼食

240バーツ

朝食も昼食もこの後ろに写っている「Big C Extra」と言う巨大なショッピングモールにあり、このショッピングモールにはたくさんのご飯屋さんと服を売っているところがあるが現地価格に慣れてから行くとどれも高く感じる。

夕食

夜ご飯は「どんぶり祭り」なるものを食べて

99バーツ

その他

水2本  12バーツ

宿代

宿は普通のホテルながら975円と格安の部屋に泊まれた。だけどクーラーのリモコンが効かず温度調節ができないのと窓がない部屋だったので息が詰まりそうになります。鍵はタッチキーのはずが故障してるのか急遽つけたようなドアノブが設置されているだけで立派なものではない。

ただ1000円以下なのでまあ文句はあるけど価格を考えると全然耐えられるレベル。

合計

841バーツ+975円

日本円に換算すると3834円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする