バックパッカーがシンガポールで1日に使った費用は?【16日目シンガポール入国】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

16日目の日程

この日は12時30分フライトの【クアラルンプール-シンガポール】のチケットを予約してたので、朝早くに起きてクアラルンプール国際空港に向かいました。

空港までの交通費

普通電車賃 2.6リンギット

KILAエクスプレス 55リンギット

空港に到着

タイからマレーシアに行く時はマレーシアを出国する証明になるものが必要だと言われましたが、今回は必要ありませんでした。また空港で前みたいな事になると不安だから今回は先に買っておいたというのに….

なので前もってチケットを購入しているので31日まではシンガポールに滞在しなくてはならないのです。

飛行機費用 約2300円

シンガポール到着

シンガポールはタバコの持ち込みに対して税金がかかります。3箱で2201円だったので1箱730円ほどの税がかかっています。黙って持ち込む事もできましたが、申告してないタバコの所持がバレると一箱$200の罰金がかかるみたいです。(一箱約16600円)

なおIQOSや電子タバコ類の持ち込みも禁止なのでこちらは所持してるだけで逮捕されるみたいです。

シンガポールの空港から街まで

必殺のGoogleマップを使用してバスに乗りましたがバスがお釣りがないシステムな上に料金表もないのでとりあえず$2払ってやりましたが後から確認するとどうやら払いすぎていたみたいです.

現地の人は日本でいうICOCA的なもので支払いしてるので僕以外誰一人として現金は使用していませんでした。

ホテル

世界一物価が高い国として名高いシンガポールですが、やはりホテルも高いです。タイなら1000円~2000円ほどでも一人部屋のホテルを探せて、マレーシアでも2000円〜3000円ほど出ありました。

シンガポールは最低でも7ooo円〜くらいで上はキリがありません。

今回の旅の感じにはとても向いていない国だと言うことを痛感しました。

そんな中なんとか1100円ほどの宿コージー ロッジ (Coziee Lodge) agoda(ドミトリー)を見つけ初日はそこで宿泊する事にしましたがまあまあひどかったです。笑

画像では綺麗に見えますが実際はソファーもボロボロで電気と言う電気は一切ついてなく、二回の共用部分のクーラーも扇風機も照明も一切ついていません。大幅な節電を行っています。

1116円と安かったものの、ここはあまりオススメできません。

マーライオン

夕方の4時頃に宿についたのでそこからすることも無く歩いて40分ほどのところにあるマーライオンを見に行ってきました。

マーライオンで僕のシンガポール観光はほぼ終わったと言っても過言ではありません。笑

ご飯

朝飯のトーストが20リンギット

夜飯の麺が 4.5ドル

その他

歯磨き粉

スプライト

合計5ドル

合計

リンギット合計 77.6

シンガポールドル合計 11.5

日本円合計 5617円

全て日本円に換算すると8587円でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする