海外に行く時レンタルWiFiを使用せず1万円近く安くWiFiを使用する方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

レンタルWiFiの費用

海外に行く時はやはりネット環境を整えてから行きたいですよね。もちろんレンタルWiFiを借りずとも現地のフリーWiFiを使用すると言う手もありますが、やはりスマートフォンが使えると撮影した写真をSNSにアップできたり、ラインで連絡が取れたり

それだけではなく地図を見るのや、観光スポットのレビューにも使えるのでWiFiは海外旅行や旅には必須です!

そこで気になるのがレンタルWiFiを借りる費用なのですが、借りる日数や何カ国行くかによって費用は大きく変わってきます。

僕は10月9日からタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアと東南アジアを1ヶ月間周遊する旅に出るので最初はレンタルWiFiを空港で借りて行けばなんとかなると思っていたのですが出国前に見積もりしてみると6万円と少しかかると出てきたのでたまげました。

数日間で1カ国のみの海外旅行であれば費用もそこまでかからないかもしれないですが、日数と行く国の数が増えるとレンタルWiFiの費用は馬鹿にならないのです。

レンタルWiFiの費用の例

では初めにレンタルWiFiの費用の例をいくつか見てみましょう。

グローバルWiFi

上記に画像は僕が実際にタイとマレーシアで使用できる4G LTEのプラン価格は12380円で8日間で見積もりしたものです。これは2カ国だからこの価格で済みますが日数が増えてくるとかなり厳しいことになります。

海外専用グローバルWiFiは年間利用者数100万人を超えていて海外用WiFiルーターレンタルサービスとしてはかなり大手になります。

日数が少ない場合は空港で借りられて空港で返せて設定や手間もないので良いです!僕も過去にオーストラリアに行った時にはこのwifiルーターを借りて行きました。

Wi-Ho

ワイホーは僕が探していたアジア周遊プランの見積もり結果は33日で32880円と見積もりを出した中では一番安かったがこれでも1日に980円かかってしまう。

1カ国だけだと大体700円〜900円1日で借りることができます。

ちなみに世界周遊プランは33日間で46080円だった。

やはりWiFiレンタルではどこもアジア周遊プランで3万円を下回ることはなく、流石に飛行機のチケットよりレンタルWiFiの費用の方が高いなんて旅としてどうかと思ったので、レンタルWiFiを使用せずにWiFiを使用できるプランはないかを探すことにしました。

プリペイドSIMを使用する方法

考えたのはプリペイドSIMを使う方法で、一定額課金しておけばその金額分のネット通信ができると言うものです。フリーWifiスポットと併用して使用することで大幅な節約になるのではないかと考えました。

この方法はSIMフリーのスマホを持っていることが条件になります。iPhoneで言うと6s以降のスマホはSIMロック解除が可能なスマホになっているので、ギリギリ6sだった僕はプリペイドsimを使えます。

楽天 海外sim

楽天モバイル 海外SIM【楽天モバイル】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】

価格:3,240円
(2017/10/6 00:11時点)
感想(40件)

楽天の海外simは本体が3240円で4980円の支払いで500MB使用できるプランがあったのでこれで行こうと思っていましたが発送までに1~2週間ほどかかると表示されており、出発まで1週間を切っていてた僕は注文を諦めました。

「ネットがだめなら店舗に聞いてみよう」と思い大阪府にある店舗4店舗に電話したのですが、どこも在庫を切らしていました。最後に心斎橋店に電話するも繋がらず3~4回かけても繋がらないので少しのモヤモヤを抱えながら楽天simは諦めましたが、

今考えると楽天simを諦めて本当に良かったと思います。

sim 2Fly

8日間でアジア14カ国で使用可能でさらに無制限と言う恐ろしいスペックながら、1450円で購入できてしまいます。

僕が用意したのは15日使用できるsimで3400円!wifiルーターを借りると1日980円計算でも14700円なので11300円もお得にWiFi環境を用意できることになります

海外での使用方法と使用した感想

※iPhoneでの使用方法です。

使用方法はSimカードを入れ替えて、アクティベートをしなくてはなりませんがこのアクティベートが何のことかイマイチ分からないのです。

アクティベートの方法

画面に「Hello」「こんにちは」と出てきますのでホームボタンを押すとアクティベートをする画面が出てくるので本当に画面に従って進めていくだけです。しかしここで注意してもらいたいのがアクティベートするにはWiFi環境が必要です。

海外旅行の場合は空港に必ずFREEWiFiがあるので空港で設定するようにしましょう。

使用するときの注意点

このアジアヨーロッパ周遊・アジア周遊のsimカードはものすごく多くの国で使用できます。どこで使用できるかはamazonの商品ページに書いてあるのでそこをチェックしてください。当たり前のことなのですが書いていない国では使用ができません。

僕はアジア周遊と書いてあるので「タイ」でも使用できるものだと思っていたのですが、タイは使用できる国にリストされていないのでタイでは使用できず、現地でsimカードを購入しました。

もう一度言いますタイでは使用できませんでした

ただその後のマレーシア、シンガポール、インドネシアでは動作を確認してどの国でも4Gで使用できます。

使ってみた感想

3400円で購入できて今回の旅でしっかり動作の確認もできLINEやTwitter各SNSアプリにGoogleMAPのアプリやsafariブラウザでの検索などももちろん何の問題もなく行えました。

これが問題なく使えるとなると今後WiFiルーターを借りることはおそらくありません。15日もいらない場合は同じsim 2 flyで7日間使用できるものもあります。

simカードより明らかに高くて邪魔になるWiFiルーターを持ち歩く理由がありません。

まとめ

根気よく探した結果モバイルWifiを借りなくて良かったと言う結論になりましたが、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする