GoProのモバイルチャージャーか予備バッテリーは旅をする上で必須な理由

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

旅でGoProを使用する

旅をする上でGoProを持っていくことはかなりメジャーな選択肢になり、実際僕が旅へ行った時もGoProを持っている人はかなり多かったです。

GoProは皆さんが知っている通りかなり小さくてそして小さいのに動画を撮影する上ではかなり綺麗に撮影が可能です。

だけど旅で使用する上ですごく致命的な欠点が一つあり、それはバッテリーの持ちが悪いこと

だけどあんなに小さく作ってコンパクトで持ち運びも便利で画質も綺麗なのに、その上バッテリーの保ちも良くしろなんて言ったら、暴君みたいなので心が痛みますが結構撮影していると分刻みで減っていきます。

※GoProHERO5 blackを使用しています。

GoProのバッテリー

公式サイトに載っていたのですが、フル充電で使用しても2.7Kや4Kで連続撮影すると1時間30分程度だけどこれもほとんどカタログ値と言ってもいいだろう。低燃費を売りにしている車のカタログ値がリッター30kmと書いていても実際に乗ると30kmにはならないそれと同じ。

バッテリーが少ないのなら

モバイルバッテリーを用意する

モバイルバッテリーは旅の必需品と言っても過言ではなく、靴下よりは確実に必須アイテムであることは間違いない。ただどうやら普通のモバイルバッテリーをGoProの充電するとあろうことかより充電の減りが早くなったりする事例もある。

5V 1A (最大 5V 2A) の出力を備えた USB AC 充電器。充電器は、GoPro ストアでお買い求めいただけます。また、コンピューターの USB ポートを使用することもできます:

GoProのサイトには5Vか1Aの充電器を使用することを書いていて、それはGoProストアで購入してくださいとそう言うことです。

↑ 安全策 純正品を購入する

↑ 冒険策 適当に安めのモバイルバッテリーを購入する

純正のものと比べると5000円ほど金額に差があるので冒険策をとってダメだった場合はスマホ用のモバイルバッテリーに転職させましょう。

バッテリーをもう1つ用意する

バッテリーの持ち時間が短いのであれば、バッテリーを2つ用意すれば良い。

モバイルバッテリーの場合だと充電しながら撮影する場合ケースを外すか専用のケースを購入する必要があるので、このケースを購入すれば充電しながらの撮影も可能です。

ただ明らかにGoPro本体より大きいモバイルバッテリーをぶら下げながら撮影することは果たして最善の策なのでしょうか?

と言う訳でバッテリーを持っている方が明らかに便利です。

バッテリー1個とバッテリーを2個一気に充電できる充電器付きです。宿のコンセントが明らかに足りない時(1個しかない)時とかはまとめて2個充電できるので重宝しました。

ちなみにこんな風にバッテリーを2つ充電できるモバイルバッテリーと言うのがありました。これがもし問題なく使えるのであればすごく便利そう。

まとめ

充電って結構面倒ですよね。線を差すだけなのは分かっているけど、あえて充電しないなんて日もありました。この気持ち分かってくれる人がいれば「いいね」お願いします。

そんな面倒くさがりのあなたにはバッテリーを1週間分購入してまとめて充電しておくことにより、僕の計算が正しければ一週間は充電しなくて済むはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする