1万円から始められる仮想通貨入門!XEMとBTC購入の流れ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

はじめに

どうもkazumario(@kazumario)です。

ビットコインをはじめとする仮想通貨が物凄いことになっていますね。2017年12月20日現在は210万円を上回っています。ビットコインが210万円を上回ったということは単純にそれだけ多くの人がビットコインに関心を持ち、購入していると言うことでもあります。

そしてビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号通貨)は大金が無いと買えない訳ではなく、1万円なんなら5000円から購入が可能で、僕もこの時点では2万円分しか購入していません。

なので今回は少額から始める仮想通貨の購入方法や仮想通貨を買うとどうなるか?と言うことをご紹介したいと思います。

仮想通貨の人気傾向

2017年の3月には20万円前後だったものが2017年の12月には200万円超えるってそんなバカなことありますか?

こちらのグラフはgoogleトレンドで調べた「仮想通貨」と言うワードに対する対する検索傾向です。

まじで大した意味はありませんが、2つのグラフを合わせると「なんかだいたい一緒」と言うあやふやな情報が判明いたしました。

上のグラフから分かる通りビットコイン並びに仮想通貨(暗号通貨)はここ数ヶ月で軒並みその知名度と存在感を表していることが分かっていただけたでしょうか?

また大手家電販売店の「ビックカメラ」をはじめとする多くの店がビットコイン決済を取り入れています。なので近い将来

「車をお得に購入するならどの仮想通貨?おすすめの仮想通貨徹底比較」

「電気代を3000円お得に支払うならこの仮想通貨」

みたいな記事が量産されるのは時間の問題なのです。

仮想通貨を購入するとどうなるのか?

仮想通貨を購入するとどうなるのか?いい質問ですね。結論から申し上げると仮想通貨を購入すると仮想通貨が好きになります。ふざけている訳ではありませんよ。

仮想通貨が嫌いな人って多いと思うのです。心のどこかで

「ビットコイン?そんなふざけた名前の通貨がまかり通るはずが無い、いつか破綻する」と思っているはずです。そう思うと同時に「そうなって欲しい」と言う願望につながります。

明確な理由は無いけどなんか気にいらない。ふなっしー、くまモンに乗っかった微妙なデザインのゆるキャラがなんか気にいらないのと一緒なのですきっと。

それが購入を機に自分が関わり始めると、うまく行って欲しいと思うようになるのです。そりゃ自分で購入しておいて「ビットコインなんて破綻してしまえばいいんだ」と言い出すマゾヒストな奴はなかなかいません。

結論
・仮想通貨に対して前向きな考えになる

仮想通貨を1万円購入すると結局いくらぐらいになるのか?

僕は2017年12月9日にXEM(ネム)とBTC(ビットコイン)を1万円づつ購入したので合計は2万円使ったことになります。2017年12月19日には36.055円になりました。

なんか何買っても⤴︎(アゲ)な感じだったので、僕がすごい訳ではありません。

仮想通貨を始めるのに選んだ取引所

僕はcoincheckで始めたのですが、仮想通貨を購入する取引所はメジャーなところからマイナーなところまでたくさんあります。

国内で有名な取引所と言えば「ビットフライヤー♪ビットフライヤー♪」でおなじみの「bitFlyer」「zaif」そしてこのcoincheckの3つが有名です。

Zaifの遅延で取引ができない状態が続く

最初はZaifで始めようと思っていて、Zaifには「Zaifコイン積立」と言うのものがあり、これは仮想通貨を積立投資できると言うものでした。

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

(引用)

この仮想通貨の積立投資ができれば1月に1万円自動で引き落としされて、良いタイミングで買ってくれるので、「絶対こっちの方がいいわー」と思っていたのですが…

2017年の11月28日に本人確認を提出したところ、待てど暮らせど返答がなくやっと返答が来た!と思ったら

「ふざけんなよ」こっちはサンタクロースを待つ少年のような心で仮想通貨の雨が降ら無いかと待ちわびていたのに…

このメールが来たのが2017年12月18日本人確認書類を提出してから3週間後に遅延している連絡が届き未だに取引ができない状況です。

と言うわけで仮想通貨に触れたくて震えていた僕は、だいぶ前に登録して本人確認も済ましていた「coincheck」で始めることにしたのです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨取引所の注意点

その1.あまりに知名度がない取引所や、海外の取引所を最初から使うのはリスクが高いです。と言うのも取引所が潰れてしまうとそこに入っている仮想通貨は消えてなくなってしまいます。(その為にウォレットがあるのですが)

その2.詐欺がはびこってるみたいです。偽の取引所、偽の通貨などが多くここ1年で仮想通貨関連の詐欺は急上昇です。先ほど紹介した

  • bitFlyer
  • coincheck
  • Zaif

この3つの取引所は比較的安全で「bitFlyer」「coincheck」はテレビCMなども放送されています。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は今回僕が取引を行ったcoincheckだけでもでこれだけの種類があります。

それぞれに何かしらの役割があるとは思うのですが、各仮想通貨の特徴を把握しきれていません。

なぜ仮想通貨XEM(ネム)を購入したのか?

僕がXEM(ネム)を購入するときはまだ1XEM27円くらいで、なんか上がりそうな予感がしたので購入しました。今をときめく仮想通貨で2017年12月19日には130円を超える勢いを見せました。

BTCの取引量は、JPYが50%を占めています。実は日本は、押しもおされぬ仮想通貨大国。そして、NEMの取引高ではJPYが2位に位置しており、日本円での取引が非常に多いことがわかります。仮想通貨をけん引する日本人に愛される通貨、NEM。活発な取引がされていることは、今後の詳細に否が応でも期待させます。

(引用)http://virtual-currency-iroha.com/nem/

ちなみに買った後に調べたことですが、XEMにはいろいろ可能性が秘められていることが分かり今後もっと上がって行くのではないかと言う予想もなされています。

なぜ仮想通貨BTC(ビットコイン)を購入したのか?

1万円で購入できるBTCは多くありませんが、今後使える場所がもっと増えそうな気がしたのと人気だからと言う2つのポイントで購入しました。

まとめ。

少しでも仮想通貨が気になっているのであれば 、5000円程度から購入ができるので意外と気軽に始められます。今後始める人がもっと多くなるとzaifのように取引所の本人確認が1ヶ月待ち、下手すると3ヶ月とかにもなりかねないので、

取引所に登録して本人確認まで済ませておくと今回のこの記事のように思い立った時にすぐ始められます。以上1万円で購入できる仮想通貨入門でした。

仮想通貨を始めてみる

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする